パスはゆっくり前へ歩いている

パスは前へ歩いている

色々な知識が広く浅くあるのでマイペースに考えたことを書いていきます

MENU

アニメ「女子高生の無駄づかい」11話『ゆめ』を見て

押忍!パスです。

 

今回は「女子高生の無駄づかい」11話『ゆめ』について書こうと思います。

 

今回も宜しくおねがいします。

 

女子高生の無駄づかい11話「ゆめ」

いきなり11話の話をしても仕方ないと思いますが、この今日のブログは自己満足用のブログなのでご勘弁を。

 

元を辿れば1話辺りから3人の主人公の一人、菊池茜 愛称「ヲタ」がボカロPの低所得Pに憧れており、ちょいちょい低所得Pをリスペクトするシーンが多かったのですが、この話ですべての伏線が収束しました。

 

低所得Pはヲタの高校の担任であり、愛称「ワセダ」だったという事が前話で明らかになりました。

 

それで、ワセダは所謂コミケ?のボカロマイスターというボカロPが集まるブースで自分の作曲した曲をヲタが歌ってみたで投稿していることを知り、尚且、それが自分の教え子とわかり、ブースで変装をしてヲタに悟らせないようにします。

 

当然、ヲタはワセダだと思わず、自分語りををします。自分が低所得Pのおかげで人生が変れたこと、勇気づけられた事、全て話して、好きだと告白までして帰っていきました。

 

しかし、ワセダは自分の教え子に自分がヲタの担任だと分かったらショックを受けるだろうなと思い、沈黙を貫きます。

 

が、隣の巨漢のおでぶさんに行ってきなよ、と言われ、教師として大人として引くわけには行かないとワセダは思い、ヲタに全て話します。

 

自分が低所得Pだと、ヲタのおかげで今まで曲を作り続けたと感謝を述べます。

 

しかし、ヲタは自分の憧れの人が担任と知って涙を滲ませショックを受けます。

 

f:id:pasu0112:20190921074407j:plain

 

しかし、大人としての教師としての責任を果たしたワセダはそれを言い終わります。

 

でも、ヲタはそれでも自分の憧れの人が担任でも好きだという気持ちは変わらずに、自分の夢の漫画家を目指すようにワセダを超えるように奮闘します。

 

ヲタはノートに書いてワセダに宣言します。

f:id:pasu0112:20190921075041j:plain

 

そうして話は終わります。

 

正直、今回の話は「女子高生の無駄づかい」ではなかったです。

 

「女子高生の有効活用」だと思いました。本当に面白かったです。

 

来週が、もう地上波では放送されてますが、12話でラストです。

 

正直、すごい楽しみです。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークの方宜しくおねがいします。

個人的、筋トレブログ

押忍!パスです。

 

今回は「個人的、筋トレブログ」を書いていこうと思います。

 

個人的なブログなのでそこまで面白くないと思いますがよろしくお願い致します。

 

栄養が筋トレの効果を120%引き上げてくれる

f:id:pasu0112:20190827183000j:plain

この前の記事で筋トレでの「ガス欠」を書いたと思いますが、逆に今回は「食事をしっかりとってから」筋トレをしたらどうなるか?です。

 

今日はしっかり朝食を取りアクティブレスト(積極的休息)をやってからゴールドジムに行きました。

 

で、何時も通りの組んでもらったオリジナルメニューで順番に筋トレをしました。

 

ベンチプレス、チェストマシン、ケーブルローイング、45度レッグプレス、チンニング(懸垂)などなど、ほかも沢山。

 

普通の人は8種目のトレーニングなのですが、自分は10種目で組んでもらってます。

 

ので、普通の人よりハードです。だから、あの時は「ガス欠」が起きたのです。

 

ですが!朝、しっかり朝食を摂ってから筋トレに挑んだら「ガス欠」が起きない上に、「まるで疲れない」という事実。

 

10種目終わっても全然、ピンピンしていた自分がいました。ので、調子に乗ってベンチプレスを規定セット数にプラス25回足しました。

 

トレーナーさんによると、本当に食事は筋トレには超超超大事みたいです。

 

栄養、休息、筋トレ、この3つがしっかりしていないと、ボディービルダーを目指すのは難しいそうです。

 

因みにですが、自分はボディービルダーを目指しています。フィジークではなくボディビルです。2年後辺りで大会に出ようかと思ってます。

 

今、体重が79キロまで減ってしまったので、100キロオーバーまでまだまだですが食べ続けます。

 

最近は、白米一日2合から2合半まで食べれるようになりました。目指せ5合ですね。

 

とにかく、筋トレして最高のパフォーマンスを発揮するには栄養、食事です。

 

筋トレをしている方は是非、食事後に筋トレしてみてください。最高のパフォーマンスを期待できます。

 

そして、何時もなら筋トレ後は疲れ切って死んでいるはずなのに、このブログを書く余裕があるくらいです。

 

栄養、超大事です!

 

もう一度言います。筋トレで最高のパフォーマンスを出すには「栄養」「休息」「運動(筋トレ)」です。

 

筋トレを始める前は自分はこうでした↓

 

f:id:pasu0112:20190919203246j:plain

 

これでも当時は83キロあったのです。あまり太ってはいないのは格闘技の影響でかなり筋肉量があったからでしょう。

 

そして最近の79キロの自分です↓

 

f:id:pasu0112:20190919203408j:plain

 見て分かる通り、体重が減っているのに大胸筋や腕の太さ僧帽筋が前よりも、たった2週間で大きくなってます。

 

コレが先程の三本柱とゴールドジムの力です。

 

まあ、自分の限界まで負荷を追い込まないと難しいですが。写真では大して大きくないでしょうが、実物の自分は結構なバルク(筋肉の厚み)ですよ。

 

ゴールドジムは全てが用意されています。後は自分次第だけ。限界まで負荷を上げればたったの2週間、いや、実質1週間半でここまでなれます!

 

頑張りましょう!ナイスバルク!

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークの方よろしくお願い致します。

筋トレの基礎 カロリーを沢山摂れ!

押忍!パスです。

 

今回は自分も見落としていた「筋トレの基礎中の基礎、カロリーを沢山摂れ!」を書こうと思います。

 

今回もお付き合いお願い致します。

 

それとブログサボり魔で申し訳ないです。

 

見逃していた筋トレの基礎中の基礎

 

f:id:pasu0112:20190917195228j:plain

 

この前、人生で初めて運動で『ガス欠』というのを体験しました。

 

変わりなく朝にプロテインだけ飲んで昼トレーニングでゴールドジムへ行き、負荷も限界まで追い込んでいたら、一瞬「あ、エネルギー切れだ」と思い力がガクンと落ちてしまいました。

 

トレーナーさんが朝食べたもの、何時もの食事を聞かれたら、「量が少なすぎます!カロリーをもっと取って下さい」と言われました。

 

自分はガチマッチョを目指しているからこそのアドバイスでしょうが人生でやはり初めて「カロリーを取れ」と言われました。

 

トレーナーさんによると男性の平均カロリー摂取量は3000カロリーらしくて、間違いなく自分は3000も取れてないでしょう。

 

食が細いせいで胃腸が弱いみたいで、トレーナーさんに「少しずつ食べる量を増やして胃腸を鍛えましょう。最初は白米3合、そして4、5、6合と増やしましょう。そして肉、野菜、大豆」と言われました。

 

気になって体重計を測ったら本気でショック。

 

83キロあったウエイトが78キロまで減っていました。

 

エネルギー不足で運動をしていたから、やってることは超ハードなダイエットになっていたようです。

 

とりあえず、コレからはガチでドンドン食べます。胃腸を強くします。そして休息も言われました。

 

筋トレでガチマッチョになるには「運動(筋トレ)」「栄養」「休息」この三本柱をしっかりしないと負荷もあがらないし、成長は出来ないと言われました。

 

コレはボディービルを目指している人間の観点の内容ですが。

 

どちらにせよジムへ行く前は食事をしてエネルギーを要はガソリンを補充しないと途中で燃料切れになることがあります。

 

本気で筋トレをしている方にはプロテインでタンパク質を摂る以前にカロリーを摂取しましょう。とにかくたくさん。

 

今では自分も胃腸を鍛えるために食事を少しずつ増やしています。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークの方よろしくお願いします。

人生はコツコツと真面目に生きた人がチャンスが来る

押忍!パスです。

 

今回は「人生はコツコツと真面目に生きた人がチャンスが来る」を書いていこうと思います。

 

お付き合いお願い致します。

 

f:id:pasu0112:20190913164256j:plain

 

この上の言葉の通り、継続は力です。今日、実は身をもって実験しました。

 

何時もの毎日のプランを潰して遊び呆けたらどうなるかを。

 

結果は、人生を無駄に生きた気がしました。

 

何時もの継続している毎日のプランを潰して遊んでいると、終わった時に後悔の念が強かったです。

 

何やってんだ自分……という気持ちでいっぱいでした。

 

人生は継続したもの勝ちだと思いました。

 

毎日、コツコツと積み上げていき、それがチャンスに繋がるのだと思いました。

 

ただ、遊びを全否定するわけではないのです。あくまでも息抜き程度が丁度いいと感じました。

 

後はあまり昼寝や寝すぎないこと。昼寝すぎると人間いい気持ちでは起きれないこともあります。

 

自分でプランを決めたならそれに向かって邁進するのが人生ではベストです。

 

がむしゃらに一つのことに真面目に生きてこその人生だと自分の経験では思います。

 

特に中途半端が一番ダメです。仮に遊ぶなら全力で遊んで下さい。その方が後悔は少ないです。

 

中途半端が一番、後悔を生みやすいと自分は思います。

 

真面目にコツコツ、石段を積み上げていけば必ずチャンスは来ると自分は信じます。

 

そう感じた今日のだらけた実験結果でした。

 

真面目に生きましょう。それが一番です。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークの方お願い致します。

90記事目到達!

押忍!パスです。

 

今回はなんだかんだ行けた『90記事目到達!』について書きます。

 

今回もお付き合いお願いいたします。

 

 90記事目に行くまで

f:id:pasu0112:20190828212545j:plain

 

色々試行錯誤した結果の90記事目

実質、Google AdSenseの件で消したブログを含めれば、もう170記事は行っているでしょうが、逆に言えばAdSenseに合格してからの90記事目です。

 

色々ありました。広告を付けても収入がなくて、本当にAdSenseに意味があったのかどうか。

 

事実、今90記事目でどれくらいの収入かと言うと、外食のラーメン一杯分程度です。

 

そもそも、自分のジャンルと書く内容が収入に結びづき辛いのもあったのですが。

 

そこで、自分は広告を外し自動広告だけにしました。

 

収入は気にするのを止めました。毎回毎回、AdSenseのホームページへ行って、落胆するのも辛かったですし。

 

ので、90記事目で宣言します。次回から、本当にブログになります。収入を意識したブログではなく趣味としてのブログです。

 

自分の趣味ブログに何人の読者様が付いてきてくださるかは分かりませんけど、出来たら、お付き合いお願い致します。

 

これだけは言えます。ブログで生計を立てられているのは本当に本当にごく一部だと思います。自分がやってそれは感じました。

 

やる前は、自分がその一部になってやると思っていましたが。難しいものです。出来ませんでしたね。

 

理想と現実は甘くない、ですね。

 

ので、コレからは完全に趣味ブログになりますのでお付き合いできる方はお願い致します。

 

一応、プランとしては、アニメや漫画や映画や小説や音楽やゲームや筋トレや薬学などの多彩なジャンルでやっていこうと思っています。

 

お付き合いお願い致します。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークの方よろしくお願い致します。

スポーツジムあるある「コアタイム」と一週間の劇的進歩

押忍!パスです。

 

今回は自分がゴールドジムで経験した「コアタイム」とたった一週間で劇的に進歩した話を書きます。

 

今回もお付き合いお願いいたします。

 

スポーツジムあるある2つ

f:id:pasu0112:20190828205846j:plain

一つ「コアタイム

今日は仕事で少し遅れ、ジムでの朝トレーニングのはずが昼頃に行ってしまい昼トレをしました。

 

そこでアニメ「ダンベル何キロもてる?」で出た『コアタイム』に初めて遭遇しました。

 

12時頃に行ったら驚きました。何時も朝の7時にトレーニングしている時は人は少なく、それでも十分多いのですが、コアタイムの時は全くの別次元で人数も凄まじく多く、そして完全な筋トレガチ勢が非常に多かったです。

 

筋肉の化け物の巣窟になっていました。ただ、そこまでは良いのですが、ゴールドジムの二階で所謂おばさま達が井戸端会議をしていたのが正直鬱陶しかったです。

 

2階には筋トレではなく格闘技やスタジオがあるのですが、パウダールームという更衣室の豪華バージョンの中まで声が響くのが少し嫌でしたね。

 

そういう人は、筋トレに真剣ではないと分かりますからバッサリ忘れましたが、ジムの一階の筋トレの場所は人が多すぎてゴールドジムの圧倒的な量のマシンやパワーラックやベンチプレスの台やデッドリフトの場所もほぼ埋まっていました。

 

そこはもうコアタイムに遭遇したのだと諦めましたが、筋トレのガチな方が多いからでしょうかその方々が扱う重量が圧倒的でした。朝ではお目にかかれないウエイトでした。

 

そこが自分にはモチベーションがグッと上がりました。

 

一つ書いておくのはゴールドジムの様なガチなジムだけかも知れませんが、コアタイムは初心者には明らかに敷居は高いです。自分はある程度身体が出来ているので物怖じしませんでしたが、まだ初心者の方は時間をずらすと良いと思います。

 

コアタイムは大体12時から13時30分の一時間半くらいでした。ゴールドジムに行く方は覚えておいて損はないと思います。

 

2つ目「一週間の劇的進歩」

コレは自分の話なのですが自分は入会して2週間目位ですがジムに行ったのは実質一週間程度です。

 

どうしても筋肉痛になって休息日を取らないといけないし、仕事もあるので、そうは何日も行けないのですが、そのたった一週間で相当変わりました。

 

まずはベンチプレス。市のジムに最初通っていた自分はベンチプレスは一台しかなく、何時も予約だらけで一度もやったことがありませんでした。

 

ところが、ゴールドジムにはベンチだけでも6台以上あり、最初やった時はたった20キロのバーだけでウエイトも付けられなくて、もうバーがブラブラ不安定でした。コツや慣れもあるのですが、その時最初の自分はバーだけでも不安定でした。

 

ですが、一週間経った今では50キロのベンチをまるで苦もなく10回3セットを出来るようになりました。コツや慣れが出てきたんだと思います。

 

多分、回数限定なら75キロは行けると思います。ベンチプレスは本当にコツがいります。肩甲骨を下げて固定してやらないと不安定になります。

 

そして45度レッグプレスは最初は87キロでやっていたのですが一週間で167キロを出来るようになりました。

 

身体つきもたったの一週間で相当変わってきていて筋肉量が更に増し、体重も80キロから81.4キロまで増えました。筋肉量が更に増えたからですね。

 

まとめ

コアタイムと自分の一週間の成果を書きましたが、個人的見解で申し訳ないのですがやはりゴールドジムは凄いと思いました。

 

ボディービルダーの神様のアーノルド・シュワルツェネッガーゴールドジムでトレーニングしてオリンピアで5度優勝し、今の70代の歳でもゴールドジムを使うということはとても良いジムなんだと思います。

 

皆さんもガチの身体を手に入れたかったら、是非『ゴールドジム』がオススメです。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークの方お願いいたします。

小説の読書がもたらしてくれる効果

押忍!パスです。

f:id:pasu0112:20190828212545j:plain

12日ぶりのブログ更新です。サボりすぎも良いところですね。お陰で読者様も8人の方が減り、他色々減っています。信用を失うってこういうことですね。反省です。

 

しかし、とりあえず復活です。先に通知しておきますが9月25日に一度、また自分のブログはPROではなくなります。そこはご了承下さい。めんどくさい広告も出ますが見放さないようにお願いいたします。アドレスも変わるのでTwitterでその時は書いておきます。

 

自分もできる限り継続を頑張りますので、お願いします。この12日は新しいジムでの激しい筋トレや酷い筋肉痛に悩まされたりや小説に没頭したりや仕事が忙しいなど色々あったことは言い訳として先に言わせて下さい。

 

では、コレからもお付き合いお願いいたします。継続は力なりですね、本当に。

 

今回は『小説の読書がもたらしてくれる効果』について書いていきます。

 

 小説は想像力と文章力を鍛える唯一のコンテンツ

f:id:pasu0112:20190909185328j:plain

 

昔から読書はしているのですがこの『読書』という行為の重要性を考えたことは無かったのですが、こうやって書いてみると思い当たることがあります。

 

それを紹介していきます。

 

一つは想像力を鍛える

小説というのは活字を目を通して追っていき物語を脳内で構成していきます。

 

しかし、漫画や映画やアニメではこの『想像力』という能力の育成には一役買ってくれません。そう、買ってくれないのです。

 

何故かは皆さんも分かる通り、漫画、映画、アニメは作り手の想像通りの役者、声、キャラクターが設定通り具現化しているのであって、10人いれば10人がその具現化したキャラクターと声を脳内で設定されます。

 

その為に想像力は養えないのです。

 

が、小説は違うのです。相手が活字だから書き手の文字で様々なキャラクターを想像します。

 

例えばこういうのはどうでしょう?

 

その少女は少し染めた明るい色のショートヘアスタイルで服は着崩し顔立ちも整っており、瞳は大きく、しかし睨むような眼光をしており、両手を短いハーフパンツのポケットに雑に突っ込み、薄青色のシャツの外見はまるで男の子の様なボーイッシュな姿だった。

 

今思いついた即興の設定で書きましたが、この上記の文章だけでも10人いれば10人が様々な姿を思い浮かべると思います。

 

コレが小説の想像力を鍛える部分です。全てがその人の人生観や経験値で姿が構成されます。

 

物語も全て状況や表現は書き手はしますが、その状況を描くのは読者です。それが小説の小説だけが出来る唯一の『想像力を鍛える』コンテンツの強みです。

 

2つ目は文章力を鍛えられる

コレはもう小説だけではないのですが、ブログもそうですが人間は書けば書くほど文章力は鍛えられます。

 

ただ、コレは個人的な話ですが、小説に当てはめると例えば作家になるにはどうすればいいのか?才能が必要なのか?必要な能力は?ということについてある作家さんはこう答えています。

 

作家になるには才能よりもまずは400字原稿用紙を最低300~400枚は書けること、そして標準的な日本語でお話を書けること、らしいです。

 

300~400枚と言うと、12万字~16万字です。初心者の作家志望の方にはとんでもない膨大な量の文章だと思います。

 

正直、自分でも結構いっぱいいっぱいな量です。今の自分の限界でも15万字程度なので……。

 

それでもブログや仕事で仮に文章が12万字最低書けても、それを物語にすると至難の業です。

 

そこで、その作家さんは一番の近道は『読書』と言っていました。

 

小説を読むと先に書いたように想像力が鍛えられます、そして長編の小説を読めば根気と継続力も身につきます、ので長文の文字数とお話が書けるようなるのです。

 

 

まとめ

 

作家を限定に書いてしまいましたが、小説がもたらす効果は大きいのです。

 

何より想像力に関しては人生において大きい財産になると自分は思っています。

 

皆様も暇があったら近くの図書館に入ってみて下さい。そこで読む本はアナタの人生を豊かにします。

 

想像力は創造力を豊かにしてくれます。

 

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークの登録の方お願いいたします!