パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

SNS辞めました

押忍!パスです。

 

今回は日常ブログでタイトルは「SNS辞めました」です。

 

今夜もお付き合いお願い致します。

 

SNSの依存性

f:id:pasu0112:20190717201030j:plain

2日くらい前から完全にSNS断ちしてます、自分は。

 

もうずっと前からTwitterに依存していて一日の80%はスマホばかり見てました。

 

そのせいか長時間ブルーライトに当たっていて、強烈に目が痛くなり体調が悪くなったり肩が凝ったり大変でした。

 

せめてブログくらいは書きたいので夜間モードにパソコンを切り替えています。

 

兎に角、SNSは依存性も高いし、変に自分と比べてしまうのが悪いところです。

 

例えば、自分のFacebookなら「ああ~こんなに人生が成功して羨ましいなあ」と。

 

そうなると大変なもので焦って自分も頑張らなきゃと思い、失敗します。

 

Twitterならド底辺なやつがいるなあと見下す場合もあり、自分の成長を止めてしまいます。

 

有効に使うならばSNSは良いものですが自分は悪い方へ使うので、SNSは駄目だなと思いました。

 

ので、コレからはブログはTwitterなどで拡散しません。

 

見てくれる人だけ見てもらいます。そもそも趣味ですからね。

 

収益も期待したいですが、ブログで稼ぐのは本当に難しいのです。

 

SNSはやり方によっては人を駄目にします。だから皆さんも程々にしてください。

 

場合によっては人生の大事な時間を無駄にしますから。

 

端的ですが自分のSNS断ちの理由でした。

 

もう一度書きますが、もうTwitterFacebookでは拡散しません。

 

見てくれる人だけを大事にします。いつも有難う御座います。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方よろしくお願い致します!

格闘技はメンタルを鍛えるは、半分正しく半分誤り

押忍!パスです。

 

今回は「格闘技はメンタルを鍛えるは、半分正しく半分誤り」を書いていきます。

 

今回もよろしくお願い致します。

 

随分、自分の中も色々整理できたので格闘技特化ブログとしてまた頑張ります。

 

  • 格闘技はメンタルを鍛えるは、半分正しく半分誤り
    • 格闘技でいう所の鍛えるメンタル部分
    • 格闘技で鍛えられるメンタルの誤り
    • 社会人になると本当のメンタルが発揮される
    • まとめ

格闘技はメンタルを鍛えるは、半分正しく半分誤り

f:id:pasu0112:20191101181658j:plain

格闘技でいう所の鍛えるメンタル部分

ぶっちゃけ自分の経験談でいうと格闘技で鍛えられるメンタル要素は「自信」です。

 

強くなって自信がついて、どんな格闘技、武道でも一年もやれば不良みたいな所謂いじめっ子には怖くなりません。

 

それは経験談で言えます。むしろ自分から攻めて喧嘩を売りに行くくらいです。

 

それが格闘技で言う所のメンタルの鍛える所と自分は認識しています。

 

格闘技で鍛えられるメンタルの誤り

コレも経験談で申し訳ないのですが、社会的な陰湿なイジメには対抗できないのが格闘技では鍛えられないメンタルです。

 

好戦的な学校ならば発揮できるメンタルも、嫌味な陰湿な学校では全く発揮できないのが残念なところですが事実です。

 

それどころか乱暴者扱いされて、鍛えたメンタルの自信も崩れ落ちることもあります。

 

自分はそうでした。転校前は最強の番長みたいな位置づけだった自分も転校後のそういう学校では全く発揮できずメンタルが崩れ落ちました。

 

社会人になると本当のメンタルが発揮される

面白いもので子供の頃は駄目だったメンタルも、社会人になってからメンタルを格闘技で鍛えると実に有用に発揮されます。

 

先程書いた自信が社会では通用します。

 

学校という校則という縛りもないので、上手くやれば実に強い武器なるのが「社会人からの格闘技、武道です

 

自分は少なくともそう感じました。

 

だから言い辛いですけど、子供の時に鍛えたメンタルは子供時代には完全には発揮できません。社会人になってから完全に花開き発揮されます。

 

 

まとめ

総合的に言うと子供時代にやったことは無駄ではなのです。

 

ただ、そのときだけには完全には発揮できないということです。

 

因みに筋トレも自信に直結します。

 

格闘技は「強さ」がメンタルになり筋トレは「体格、筋肉」がメンタルとしての強みになります。

 

頑張ってやれる方はやりましょう!!!

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方宜しくお願いたします‼

続きを読む

見えてくるもの見たくないもの

押忍!パスです。

 

今回もちょっと日常ブログです。というか愚痴に近いですね。

 

タイトルは「見えてくるもの見たくないもの」です。

 

今回は極端に短いですが、お付き合いお願い致します。

 

 

見えてくるもの見たくないもの

f:id:pasu0112:20190717201030j:plain

仕事を辞めると見えてくるもの

まずは見えてくるものです。この前仕事をドクターストップで辞めてしまう羽目になったのはもう書いてあるのでそこをご参照ください↓

 

www.arata0112.com

 

それで、まず見えてくるものですが、当たり前ですが今までやらなかったことが出来るようになりました。

 

図書館通い、水泳、筋トレ、ウォーキング、読書、等。

 

色々出来るようになりました。

 

時間が有り余っているから出来る芸当ですね。

 

それはまあ、良かったです。やれることは増えました。

 

見たくないもの。

当然、見たくないものもあります。

 

それは余りにも時間がありすぎて暇という現象です。

 

最初は暇ほど嬉しいものは無かったのですが、少し慣れると暇というのは実に苦痛になります。

 

贅沢悩みと働いている方は間違いなく思うでしょうが、案外働きたくても働けないって辛いものです。

 

することが多くても、全てをしても仕事の時間ほどは行かないので当然、時間がありあまります。

 

これからの課題は、時間をどう有効活用するべきか?ですね。

 

ゆっくり考えます。皆さんも仕事無理しないように。

 

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方よろしくお願い致します。

ドクターストップ!

押忍!パスです。

 

今回は個人的な日常の愚痴ブログです。

 

題名はあえて「ドクターストップ」です。

 

今回もよろしくお願い致します。

 

ドクターストップ

f:id:pasu0112:20191022210702j:plain

ブログ主仕事潰れる

仕事関係なんですが、自分潰れました。

 

介護士をしていて、身体がデカイせいもあり散々こき使われました。

 

職場も結構歳のいった女性しかいなくて、自分もまだ若い部類に入るみたいで、デカイ、若い、力がある、男、それだけで本当にこき使われました。

 

入浴介助で180センチ90キロの利用者さんを全介助で一人でやらされるのもザラでした。

 

休みの日もヘルプで散々呼びつけられて非常にボロボロで疲れました。

 

そして精神が参って病院へ行くと医師から完全な「ドクターストップ」が出ました。

 

仕事を辞めるように言われ、辞めないと精神が潰れると言われ、今色々手続きしています。

 

人生こんな形になるとは思いませんでした。本当に人生って色々ありますね。

 

まあ、自分の働いていた介護施設グループホームがブラックだと思うしかありません。

 

病名は明かせませんが、結構重症です。普通に重いみたいです。

 

コレからはゆっくり静養しながら生きていきます。そして介護の仕事上、夜勤があったので、生活リズムも整えて、ゆっくりします。

 

生きるって大変です。

 

コレからはブログが主な趣味兼副業になりますが、長いお付き合いお願い致します。

 

皆さん、自分みたいにならずお仕事精一杯頑張ってください!

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方よろしくお願い致します!

小島秀夫監督最新作「デス・ストランディング」

押忍!パスです!

 

前置きですが昨日書いた井上尚弥選手の記事で読者様が増えました。非常に嬉しいです。

 

是非、まだ見てない方も面白かったら読者様になってくれると嬉しいです。

 

さて、今回は「小島秀夫監督最新作「デス・ストランディング」についてです。

 

ゲームの話題ですが是非、読んでください。

 

 

小島秀夫監督最新作「デス・ストランディング

f:id:pasu0112:20191110181821j:plain

画像参照(ファミ通.comより)

 

KONAMIを離れて初の小島秀夫監督の作品

小島秀夫監督と言えば「メタルギアシリーズ」が非常に有名ですが、随分前に株式会社KONAMIと争いがあり、小島秀夫監督の主張は据え置き機のゲーム推し、KONAMIスマホゲーム推しで争いました。

 

そうして、小島秀夫監督はKONAMIを去りました。

 

しかし、その類まれな才能をソニーエンターテインメントが小島秀夫監督に手を差し伸べ、吸収されました。

 

おかげで、小島秀夫監督はKONAMIに縛られることもなくのびのびゲームを作れたと思います。

 

問題のデス・ストランディングの感想

2019年11月8日発売で、いや、もうね感動と神ゲームの領域でした。

 

しかし、自分はまだ「でした」とはいえないです。何故なら買って2日ぶっ続けでやってるのに未だに終わる素振りがないんです。

 

それでネタバレ覚悟で調べたらエピソード14まであるそうです。

 

見た瞬間ポカーンとしてました。なにせ、自分は2日続けてやってまだエピソード4までです。

 

たった三年で作れるレベルじゃないです。グラフィックも素晴らしいし、ゲームとしての完成度は異常。

 

超大作映画を見るだけではなくプレイしている気分です。

 

コンセプトは孤独

f:id:pasu0112:20191110183435j:plain

主人公、サムは接触恐怖症で孤独な配達人です。序盤から「伝説の配達人」と言われています。

 

そのサムがアメリカ合衆国が崩壊した「デス・ストランディング」という現象でバラバラになったアメリカを再興するために「点と点を線にする」その一点に配達をしてあらゆる信用を勝ち取りバラバラになったアメリカをカイラル通信で線にする、この一点です。

 

マルチプレイ要素

このマルチプレイ要素が実に斬新なんです!

 

FacebookTwitterというSNSの世の中で「イイね」をもらうと嬉しいですよね。

 

ゲーム的にはあらゆる並行世界にサムがいてその孤独なサムが間接的にお互い助け合うのです。

 

例えば、先に進んだ人が梯子で道を作ってあげると、遅れてきた人には梯子があって大助かりと、孤独なサムは孤独じゃないんです。

 

サムはマルチプレイという名の助け合いをします。

 

ここは危ないよ、とか、お疲れ様とかいろいろな要素があります。

 

ゲームとしては非常に新しい試みだと思います。

 

ちなみに素晴らしいのは、他のプレイヤーの助けを借りた場所で叫ぶとこだまして帰ってきます。

 

例えば「俺はサムだ!」というと「俺もサムだ!」と帰ってきます。感動します。

 

 

まだ分からない要素

自分はぶっ続けでやってエピソード4ですが、まだまだ分からないのが、「BB」という赤ん坊と「ビーチ」という単語と「BT」という要素。

 

エピソード4ではまるで分かりません。

 

分かっているのはBBはビーチと言われる死と生の間の世界をつなぐもの、BTという敵は死の狭間から来たということくらいです。

 

是非、映画好きならやって欲しいゲーム

映画や洋画が好きな人はまずハマります。楽しすぎるんです。とてもとても。

 

それとこのゲームは万人受けはしないと思います。

 

ゲームの性質上「配達」がメインなので、大規模なオープンワールドを楽しめる人じゃないと無理だと思います。

 

ゲームでオープンワールドでファストトラベルというショートカットを使う人にはめんどくさいと思うかもしれません。

 

まとめ

まとめで言うなら配達が本当に楽しいし、違い世界のプレイヤーのサムからイイねを貰うのは気持ちの良いものです。

 

買った皆さんは楽しく配達してください。

 

Twitterでも小島秀夫監督は「この日は世界で一番デス・ストランディングというゲームを配達した大きな日だと思います」と言っていました。

 

是非買ってみてください。まず泣きます。

 

個人的にはメタルギアシリーズよりも面白いです。どこまで進化するのか小島秀夫監督は。

 

今回はココまで!

 

読者登録、面白かったら本当にお願い致します!

続きを読む

モンスター井上尚弥選手 WBSS優勝

押忍!パスです。

 

今回は非常にめでたい話で「モンスター井上尚弥選手 WBSS優勝」について書いていきます。

 

今日もお付き合いお願い致します。

 

最高の一戦WBSS決勝

f:id:pasu0112:20191109130811j:plain

2019年11月7日さいたまスーパーアリーナWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)の決勝戦がありました。

 

モンスターと異名を持つハードパンチャーでありテクニカルなボクシングのWBAIBF世界王者・井上尚弥(26)。

 

相手はキャリア20年の5階級制覇のWBA世界スーパー王者、ノニト・ドネア(36・フィリピン)

 

二人は10歳差であり、皆が皆、1ラウンド又は数ラウンドで尚弥選手が勝って終わると信じて疑わなかった試合でしたが、やはりレジェンドと呼ばれるドネア選手。

 

モンスター相手にフルラウンド闘い抜きました。

 

井上尚弥選手も初めて本当に初めて試合で顔に傷がつきました。

 

まずは右目上のカットでの出血。そして鼻血。尚弥選手からしたら全てが初体験だったと思います。

 

尚弥選手陣営も相当警戒していたでしょうし対策をしていたでしょうが、ドネア選手必殺の左フックををまともにもらいカットしました。

 

 

左フックをもらってから12Rまで、ドネアが二重に見えていました」と、試合後の会見で告白した井上尚弥選手。

 

ですが11ラウンドで強烈な井上尚弥選手十八番のボディブローが炸裂しドネア選手ダウン。

 

個人的見解ですが、アレはどうみても10カウント以上あったのではないかと思います。

 少なくても12秒はあったきがします。

 

そしてダウンのポイント優勢もあり終始互角に闘いあった二人は12ラウンドが終わり抱き合い、判定で井上尚弥選手が勝ちました。

 

間違いなく、尚弥選手のキャリアで最強の相手だったでしょう。

 

ドネア選手も「井上は今までの対戦相手で一番強かった」と言っていました。

 

そして試合が終わるとボクサーの顔からコロッとパパの顔になり子供さんを抱きかかえて写真を撮っていました。

 

 

まとめ

 いや、自分もボクサーかじりですがあの試合だけは訳が分からなかったです。

 

オフェンスもディフェンスもフェイントも全てが異常のレベルの水準でした。現役ボクサーでもわからないシーンはあったと思います。

 

それでも、あの井上尚弥選手と戦い抜いたドネア選手に称賛を!

 

そして井上尚弥選手、バンタム級WBSS優勝本当におめでとう御座います!!!

 

貴方こそがバンタム級の真の最強の世界王者です!

 

弟さんの井上拓真選手も負けはしましたが本当に頑張ったと思います。お兄さんが偉大すぎるて辛いですね、本当に。

 

井上ご家族ゆっくりゆっくり休んでください。お疲れさまでした。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方よろしくお願い致します。

親と子その2

押忍!パスです。

 

今回は前回からの引き続きですが「親と子その2」を書いていきます。

 

よろしくお願い致します。

 

f:id:pasu0112:20190612224741j:plain

 親と子その2

親と子のその1の方は書いてあるのでこちらからお願い致します。↓

 

www.arata0112.com

 

良い親も駄目な親も最終的には離れる日が来る

当たり前の話ですが、その人にとって立派な親もその人にとって反面教師的な親もいずれは子は離れないといけません。

 

いつまでもおんぶに抱っこされている子もいますが、まあそれは例外として。

 

親が望むのは何より望むのは子の自立です。子供が自立すれば親は安心します。

 

それは良くない親でも「せいせいする」という感情で喜ぶかもしれませんね。

 

今回も長くは書けませんが、自分も親と離れるのは苦労しました。

 

良い親過ぎたんですね、依存してました。

 

自立はしてましたが、ちょくちょくアドバイスを聞いたり頼ってましたね。

 

そんな親とも自分は断腸の思いで断ち切りました。

 

メールに「今生の別れ」とタイトルを添えて。

 

それくらいしないと、自分は親に甘えると思ったんですね。

 

更には親も親戚関係も全て電話、メール全てブロック、遮断しました。

 

自分はそれくらい依存性が高い親だったんですよ。

 

いい意味でも悪い意味でも。

 

皆さんも、親は大事にしてほしいです。でも、自分のように依存しすぎないで自然に距離をとって離れていってほしいです。

 

自分はそれが出来ませんでしたから。バッサリ切るしか無かったんです。

 

お互い不器用でした。まあ、なんというか情けない子供だったんです。

 

自分語りになってしまいましたが、親と子はそういう関係もあるんですよ。

 

そういうケースもあると知っておいてください。

 

不器用な親と不器用な子供、っていうケースもあると。

 

皆さんは真っ当に親と付き合ってほしいです。それが今の願いです。

 

まとめ

 

前も書きましたが、広告関係は文中に挟まないようにします。

 

真上と真下とサイドバーのみにします。スポンサードリンクと書いてあるのが固定広告です。

 

見にくいブログよりも見やすいブログを目指します。

 

最近、信用回復ができたのかまた固定の読者様からスターを貰えるようになりました。

 

こういうのは実に嬉しいものですね。やりがいがでます。

 

コレからもよろしくお願い致します。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方お願い致します。