パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

アニメ「女子高生の無駄づかい」11話『ゆめ』を見て

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

 

押忍!パスです。

 

今回は「女子高生の無駄づかい」11話『ゆめ』について書こうと思います。

 

今回も宜しくおねがいします。

 

女子高生の無駄づかい11話「ゆめ」

いきなり11話の話をしても仕方ないと思いますが、この今日のブログは自己満足用のブログなのでご勘弁を。

 

元を辿れば1話辺りから3人の主人公の一人、菊池茜 愛称「ヲタ」がボカロPの低所得Pに憧れており、ちょいちょい低所得Pをリスペクトするシーンが多かったのですが、この話ですべての伏線が収束しました。

 

低所得Pはヲタの高校の担任であり、愛称「ワセダ」だったという事が前話で明らかになりました。

 

それで、ワセダは所謂コミケ?のボカロマイスターというボカロPが集まるブースで自分の作曲した曲をヲタが歌ってみたで投稿していることを知り、尚且、それが自分の教え子とわかり、ブースで変装をしてヲタに悟らせないようにします。

 

当然、ヲタはワセダだと思わず、自分語りををします。自分が低所得Pのおかげで人生が変れたこと、勇気づけられた事、全て話して、好きだと告白までして帰っていきました。

 

しかし、ワセダは自分の教え子に自分がヲタの担任だと分かったらショックを受けるだろうなと思い、沈黙を貫きます。

 

が、隣の巨漢のおでぶさんに行ってきなよ、と言われ、教師として大人として引くわけには行かないとワセダは思い、ヲタに全て話します。

 

自分が低所得Pだと、ヲタのおかげで今まで曲を作り続けたと感謝を述べます。

 

しかし、ヲタは自分の憧れの人が担任と知って涙を滲ませショックを受けます。

 

f:id:pasu0112:20190921074407j:plain

 

しかし、大人としての教師としての責任を果たしたワセダはそれを言い終わります。

 

でも、ヲタはそれでも自分の憧れの人が担任でも好きだという気持ちは変わらずに、自分の夢の漫画家を目指すようにワセダを超えるように奮闘します。

 

ヲタはノートに書いてワセダに宣言します。

f:id:pasu0112:20190921075041j:plain

 

そうして話は終わります。

 

正直、今回の話は「女子高生の無駄づかい」ではなかったです。

 

「女子高生の有効活用」だと思いました。本当に面白かったです。

 

来週が、もう地上波では放送されてますが、12話でラストです。

 

正直、すごい楽しみです。

 

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークの方宜しくおねがいします。