パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

HSPという個性

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は「HSPという個性」について書いていきます。

 

よろしくお願い致します。

 

HSPとは

f:id:pasu0112:20191022210702j:plain

 

 

HSPとはハイリー・センシティブ・パーソンという、いわゆる『人一倍過敏で敏感な人』を指します。

 

自分は今日それを知りました。そしてこのHP→https://kiraku-infomation.com/hsp-highly_sensitive_person/ を見て、ほぼ全て自分に該当して悔しいですけども納得してしまいました。

 

自分は前々から、感覚が過敏で耳も目も鼻も全てが過敏でした。

 

特に前々から耳は過敏で何時も人混みではイヤホンをして音楽を聴いていないと倒れるほど敏感です。

 

ココでは明かしませんが、自分はそのせいでストレスを感じ違う症例に直結します。

 

そして今日ハッキリしたのが目です。Twitterには書いたのですが、何時も日光の光を見ていると眠くなるという状態が多いです。その時の自分は理由がわかりませんでした。

 

が、上記のHPを見るとHSPは光にも過剰に反応するようで、だから偶然自分は今日の朝にまさかと思い日光を遮断する遮光カーテンで閉めてLEDライトにしたら、眠気が嘘のように無くなりました。

 

そして覚醒して一日を過ごせました。

 

自分がメインの仕事をフリーランスの執筆系の仕事やある程度障害物が少ない仕事を自然に選択してるのも納得がいきました。

 

まだ、自分はHSPと診断されていませんが、その可能性は非常に高いと思います。

 

今度、病院で聞いてみようと思っています。

 

ただ、HSPは病気では無いのです。あくまで性質、個性なのです。

 

ので、自分のような過敏で敏感なタイプは生き辛いものです。

 

しかし、コレにも良い特徴はあり、人一倍過敏なことで人の感情を感じやすく理解出来て一つの集中力を発揮するものを見つければある意味強い武器の性質です。

 

ただ、この性質は人との交わりを苦手とするため、結婚とかは難しいなあと自分では前々から思ってました。

 

大学時代も一人暮らしの部屋に学友が3人ほど入ってきて人の部屋でどんちゃん騒ぎして去っていった後は恐ろしく疲れたものです。

 

その時思った思考が「ああ……独りのほうが楽だ」という考えでした。

 

そのせいで今でもコミュ力は無駄に高いのですが、人と話が始まり終わると非常に疲れ思うのは「話さなければよかった……」という思考です。

 

ただ、今回仮に違うとしても自分がHSPに近いと知れたので対策は出来ます。

ので、それを背負って生きていきます。コレも運命なのです。受け入れるしか無い。

 

5人に1人の人がHSPというデータが出ています。もしも賛同する方がいらっしゃいましたら……強く生きましょう!それしか無いのです。

 

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークの方よろしくお願い致します。