パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

胴回し回転蹴りを使用するメリット

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は「胴回し回転蹴りを使用するメリット」について書いていこうと思います。

 

今夜もよろしくお願い致します。

 

胴回し回転蹴り

胴回し回転蹴りとは?

まず、胴回し回転蹴りというのを知らない方も多いと思います。

 

簡単に写真で見せるとこうなります。↓

f:id:pasu0112:20190722155602j:plain

写真はプロキックボクサーの那須川天心選手が使用しているこの技が胴回し回転蹴り(縦式)です。

 

基本的に胴回し回転蹴りは縦式と横式があります。

 

上記の写真の那須川天心選手の胴回し回転蹴りが縦式で、横式はこちら↓

 

f:id:pasu0112:20191025181011j:plain

これも那須川天心選手ですが、彼は縦式、横式、両方使えるので非常に稀な選手です。

 

胴回し回転蹴りはどこの格闘技の技?

元々は空手の蹴り技です。那須川天心選手が使えるのも彼が極真空手をやっていたからでしょう。

 

技としては大技に入りますし、使用する難易度も非常に高いです。

 

相手の死角に入り込み蹴りが急に顔面に来るので、上手い人が使うとまず見えないし、不意をつかれます。

 

基本的に虚を突く技です。

 

自分が空手時代でこの技を使っていたのは緑健児師範(現 新極真会代表) 塚本徳臣師範です。

 

緑代表は横式で塚本徳臣師範は縦式でした。

 

実は両方使える空手家って自分知らないんです。極真では。

 

その意味では那須川天心選手は極真出身であり両方使えるって神童という通り名通りだなあと思います。

 

因みに極真空手では塚本徳臣師範がかなり胴回し回転蹴りを世に広めました。

 

実際に見てもらうと早いです→https://www.youtube.com/watch?v=CMxuDsQV9l0

 

もしかしたら、那須川天心選手も塚本徳臣師範の影響もあるかもしれません。

 

意外な使い方の胴回し回転蹴り

実は、胴回し回転蹴りには意外な使い方があります。

 

元々、大技ですし決まる確率は少ないのですが、その性質を利用する空手家も多いのです。

 

それは「時間稼ぎスタミナの回復試合の流れを中断する」です。

 

体力、スタミナが無くなってこの試合有利だけど、攻められたらヤバいなと言う時に使用すると、試合が一時レフェリーに止められて時間稼ぎが出来ます。

 

そして、その間、呼吸を整えてスタミナを回復できます。そして何より、不利な状況下の場合に使用すると試合の流れを中断して、流れをリセットできます。

 

そんな意外なメリットがあります。が、そのせいで「卑怯」という声もあります。

 

ので、多用するとジャッジの心象が悪くなり減点される場合もあります。

 

しかし、とはいえこの技は習得するのが非常に難しいし天性の当て感が無いと使えない技です。因みに自分は型としては縦式は出来ますが、実践では当てたことは無いです。

 

その上、自分は横式は型でさえも出来ませんでした。練習をしなかったのもありますが。

 

ですが、先程書いた時間稼ぎには縦式で実践でも使いました。しかし本当に難しいんです、この技。

 

使用したい場合は練習あるのみです!押忍!

 

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークの方とコメントお願い致します!