パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

モハメド・アリとマイク・タイソンがもし戦ったら

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は「モハメド・アリマイク・タイソンがもし戦ったら」を書いていこうと思います。

 

今日もお付き合いお願い致します。

 

 

究極のマッチメイク モハメド・アリマイク・タイソン

モハメド・アリとは

f:id:pasu0112:20191029111433j:plain

 

モハメド・アリMuhammad Ali [muˈhɑməd ɑːˈliː]、1942年1月17日 - 2016年6月3日)は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。ケンタッキー州ルイビル出身。

 

アフリカ系アメリカ人だが、イングランドアイルランドの血も引く。

 

WBAWBC統一世界ヘビー級チャンピオン。

 

イスラム教改宗前の本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア (Cassius Marcellus Clay, Jr. 英語発音: [ˈkæsɪəs mɑrˈsɛləs kleɪ])。

 

1964年にネーション・オブ・イスラムへの加入を機に、リングネームをカシアス・クレイからモハメド・アリに改めた(ムハマド・アリという日本語表記もあり)。

 

1960年ローマオリンピックボクシングライトヘビー級で金メダルを獲得。

 

その後プロに転向し、1964年にはソニー・リストンを倒して世界ヘビー級王座を獲得した。ジョージ・フォアマンとザイールで対戦し、8Rでの一発大逆転を演じたタイトルマッチや、ジョー・フレージャーとの死闘など、ボクシング史上に残る数々な名勝負を行っている。最終的には、通算3度のチャンピオン奪取成功と19度の防衛に輝いた。

(参考 Wikipedia モハメド・アリより)

モハメド・アリのボクシングスタイル

 蝶のように舞い、蜂のように刺す (Float like a butterfly, sting like a bee) 鈍重な大男の力任せな殴り合いだったヘビー級ボクシングに、アリは蝶のように華麗なフットワークと、蜂のように鋭い左ジャブを活用するアウトボクシングを持ち込んだ。

 

この著名なフレーズは、アリのトレーナーのドゥルー・バンディーニ・ブラウンによるもので、試合前によく肩を組んで「蝶のように舞い、蜂のように刺す!」と一緒に叫ぶパフォーマンスを見せていた。

 

ノートン戦の敗北後に、ノートンのファンから「蝶は羽を失い、蜂は針を失った」という投書が届き、これを気に入ったアリはジムの壁にこれをテープで貼りつけて毎日眺め、「羽」と「針」を取り戻す決意を新たにしていた。

 

ヘビー級史上最速の一人 リングを縦横無尽に動き回れる体のこなしだけでなく、ジャブに右ストレートでカウンターを合わせる離れ業をやってのけるパンチのスピードも持っていた。

 

マイク・タイソンが出現した現代においてもなお、ヘビー級史上最速と評価された。

 

シュガー・レイ・ロビンソンの影響 シュガー・レイ・ロビンソンを尊敬しており実際に影響をうけたと指摘する声も存在した。

 

レオン・スピンクスとの再戦を前に「俺は三度ヘビー級チャンピオンを獲得する最初の男になる。

 

ヘビー級のシュガー・レイ・ロビンソンになるんだ」と語っている。後にはシュガー・レイ・レナードを育てた名トレーナー、アンジェロ・ダンディーと常にコンビを組んでいた。

 

プロボクサーの娘 娘のレイラ・アリはプロボクサーとして活躍した。WBC女子スーパーミドル級の初代チャンピオン。

 

ジョー・フレージャーの娘であるジャッキー・フレージャー・ライドと2001年6月に対戦した。

 

トラッシュトーク アリは、注目を集めるための自己宣伝が非常に派手で巧みだった。

 

「俺が最強だ」「俺が最も偉大だ」と公言し、わざと物議をかもす言動をし、試合の相手をからかった詩を発表し、KOラウンド数を予告してリングにあがった。

(参考 Wikipedia モハメド・アリ ボクシングスタイル)

 

マイク・タイソンとは

マイク・タイソンに関してはコチラに詳しく書いてあるので是非↓

 

www.arata0112.com

 

 モハメド・アリマイク・タイソンがもし戦ったら

ココからは自分の主観です。

 

元々は禁断の予想なのですがあえて突っ込みます。

 

まあ、マイク・タイソンモハメド・アリも全盛期の時期が違うので予想だけですが。

 

言うなれば、マイク・タイソンは「インファイターの完成形」モハメド・アリは「アウトボクシングの完成形」と言った感じだと思います。

 

アリの最も有名な通称は「ファントム(幻)

 

恐ろしく早いワンツーで当時のカメラでは見えなかったことから「幻」と言われました。

 

最高で2秒間に17発のブローを放ったのは有名な話。

 

マイク・タイソンは通称「ダイナマイト

 

恐ろしく豪腕なパンチからそう名付けられました。

 

そこまで書いて、予測。マイク・タイソンモハメド・アリはどちらが強いか?

 

正直、凄い難しい問題です。アリはハンドスピードは速いのですがタイソンは踏み込んでからのブローが恐ろしく速いんです。

 

ただ、才能だけ見るとアリのほうがあるように見えます。アレは史上最高のボクサーです。英雄です。

 

ので、タイソンがいくら踏み込んでもフットワークでスカし(蝶のように舞い)的確なカウンターで仕留めると思います(蜂のように刺す)。

 

恐らくはアリの判定勝ちになる気がします。KOは難しかもですね、タイソンのあの強固なガードとディフィンスには難しいと思います。

 

まあ、全ては「もしも」の話ですけれどね。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとブログ村とコメントの方よろしくお願い致します。