パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

フォートナイトについて

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は「フォートナイトについて」について書いていきます。

 

今回はゲーム記事ですのでよろしくお願い致します。 

 

今夜もよろしくお願い致します。

 

 

フォートナイト

f:id:pasu0112:20191030174954j:plain

フォートナイトとは

 

『フォートナイト』(英:Fortnite)は、Epic Games(エピックゲームズ)が販売・配信するアクションビルディングゲーム、サードパーソン・シューティング、バトルロイヤル、プレイヤー対モンスターゲーム。

 

V-bucksがゲーム内の通貨。

 

対応プラットフォームはPC(Windows/macOS)、PlayStation 4Xbox OneNintendo SwitchiOSAndroidiOS版はApp Storeから、Android版は、Google Playストアではなく、Epic Gamesが運営する自社サイトにて配信されている。

 

またAndroid版は、2018年8月9日より一部端末向けにベータ版がリリースされ、その他の機種へも順次拡大中である。

 

プラットフォームに制限はあるが購入することでプレイできる「世界を救えモード」と、全てのプラットフォームで無料プレイ可能な「バトルロイヤル」モードと、自分だけの島を作ることが可能な「クリエイティブ」モードがある。

(参考 Wikipedia フォートナイト)

 

概要

集めた素材で壁や坂を作るなど、クラフト要素のあるサードパーソン・シューティングゲームで、オンラインでの対人(PvP)とCO-OPモード(PvE)もある。

 

なお世界を救えモードの無料プレイローンチは2018年を予定していたが延期が発表された。

 

2018年2月に有料版同封や無料配信[9]されたバトルロイヤルモードは、同時接続プレイヤーが同月に340万人、同年11月に830万人に達した。

 

2019年2月に開催された「Marshmello」コラボイベントでは、1000万人を超えるプレイヤーが同時に接続した。

 

基本無料だが、スキン(プレイヤーキャラクターの外見変更アイテム)や追加パックの販売で収益を得ており、2018年4月の月間売上は2億9600万ドル(約325億円)に達し、欧米では「社会現象」になっていると報道された。

 

課金アイテムである「Vinderbucks」略称「V-Bucks」は各モード共通で利用でき、ゲーム内で使用できるコスチュームアイテムやエモート等の購入に使用できる。

 

2018年3月、2018年7月、2018年7月と2018年8月に、ビデオゲームの世界的な人気ランキングの最初の場所を達成した。

 

また2019年10月15日にFortniteチャプター1が終了し、それと同時にチャプター2のシーズン1が開始された。チャプター2では、バトル島の一新がされた他、武器の見た目なども変更された。バトルパスのレベルアップの仕方が一新され、より一層あげやすくなった。(参考 Wikipedia フォートナイト概要)

 

 

フォートナイトが非常に面白くなってきている!

自分はPS4からの人間なのですが、今、チャプター2に入りBOT(AI)システムの導入のお陰で腕前がメキメキ上手くなってます。

 

元々、クラフトが苦手でフォートナイトは苦手な部類のゲームに自分の中では入っていましたが、本当にBOT様様のおかげでドンドン自信がつき、今ではドン勝つも出来るレベルまで来ています。

 

今まで、ドン勝つなんて他のプレイヤーとのスクワッドでほぼ姫プレイでおんぶにだっこでしか勝てなかったのですが、自信がつき今ではガンガン攻めてます。

 

今、自分の中で一番の面白いゲームです。

 

ガンガン攻めて突っ込んでます。BOTじゃないプレイヤーも倒せるレベルまで来ています。

 

フォートナイトの凄いところ

やはりクロスプレイが凄いと思います。

 

PC、PS4XBOX、Switch、スマホ、これを全て共有させるところがエピックゲームズの技術力の高さでは無いでしょうか。

 

そしてスキンさえ買わなければ、このゲーム基本無料です。

 

お金を出さずにこんなゲームが遊べるのが最高に強みです。

 

自分はバトルパスという課金をしてますが、しなくても十分に遊べます。

 

是非、皆さんもやりましょう!PCでもPS4でもXBOXでもスマホでも!

 

面白さは自分が保証します!文句は言えないはずです。

 

久々のゲーム記事でしたが、書いてみると楽しいものですね。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとブログ村とコメントの方お願い致します!