パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

NHKで60年ぶりプロボクシング中継 井上尚弥 vs. ノニト・ドネア

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は「NHKで60年ぶりプロボクシング中継 井上尚弥 vs. ノニト・ドネア」について書いていきます。

 

今日もよろしくお願い致します。

 

 

 NHKで60年ぶりのプロボクシング中継

f:id:pasu0112:20191005213131j:plain


いよいよ11月7日決戦

 

クシング主要4団体の世界チャンピオンや世界ランカーによる真の世界一を決めるトーナメント、『ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズWBSS)』。

 

11月7日に開催されるバンタム級決勝のカードは、井上尚弥(日本)とノニト・ドネア(フィリピン)。

 

この一戦を、NHK-BS8Kで中継することが決定した。(地上波ではフジテレビが中継)。

 

NHKでの歴史

テレビで初めてプロボクシング中継したのは、NHKで昭和28年(1953年)、白井義男の試合だった。

 

しかし、その後、昭和30年代後半以降はプロボクシングを中継しておらず、この試合はおよそ60年ぶりの中継になる。

井上は、世界ボクシング協会WBA)と国際ボクシング連盟IBF)の世界バンタム級王者で、ニックネームは“モンスター”。

 

2012年のプロデビュー後は、18戦18勝(16KO)と驚異的な強さを持つ、日本プロボクシング界のエース。

 

対するドネアも世界5階級制覇を達成し、左フックの閃光のような鋭さから“フィリピーノ・フラッシュ”の愛称で親しまれている。  

 

そんな“世紀の一戦”に、社会の注目度合いも桁違いということもあり、ボクシング中継から遠ざかっていたNHKが、フジテレビの協力のもと、放送が始まったばかりのBS8Kのチャレンジのひとつとして中継に踏み切ることに。

 

8Kのハイスピードカメラによるスロー映像は瞬時の動きを鮮明に記録。

 

肉眼では見えないパンチを、細かい筋肉の動きまで詳細に記録できる。

 

従来のテレビの約16倍の画素数のある8K超高精細映像と、22.2チャンネルの立体音響で、臨場感たっぷりにボクシングの世界最高峰の戦いをライブで伝える。

 

BS8Kでは中継に加えて、試合ハイライトも随時、放送予定。

 

また、12月23日に開催される、WBA世界ミドル級タイトルマッチ「村田諒太 vs. スティーブン・バトラー」の試合もBS8Kで中継する(地上波ではフジテレビが中継)

 

 

個人的見解

NHKで放映するのはとても名誉だし素晴らしいことだと思います。

 

が、そこはスポンサー泣かせの井上尚弥選手。

 

恐らく、1ラウンド……もって2~3ラウンドが放送の限界でしょう。

 

InstagramTwitterを見てますが、もう井上尚弥選手は最高に仕上がっています。

 

アレを止めるのは同階級では無理です。ラッキーパンチがないと無理だと自分は判断します。

 

十中八九、KOかTKOで終わる気がします。

 

60年ぶりの中継、そして秒殺。日本ボクシングの伝説になる気がします、井上尚弥選手は。

 

いや、もうなっているですね。

 

モンスター井上尚弥の11月7日NHKでの瞬殺劇を見逃すな!!

 

書くことがない!今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方よろしくお願い致します!