パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

親と子その2

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は前回からの引き続きですが「親と子その2」を書いていきます。

 

よろしくお願い致します。

 

f:id:pasu0112:20190612224741j:plain

 親と子その2

親と子のその1の方は書いてあるのでこちらからお願い致します。↓

 

www.arata0112.com

 

良い親も駄目な親も最終的には離れる日が来る

当たり前の話ですが、その人にとって立派な親もその人にとって反面教師的な親もいずれは子は離れないといけません。

 

いつまでもおんぶに抱っこされている子もいますが、まあそれは例外として。

 

親が望むのは何より望むのは子の自立です。子供が自立すれば親は安心します。

 

それは良くない親でも「せいせいする」という感情で喜ぶかもしれませんね。

 

今回も長くは書けませんが、自分も親と離れるのは苦労しました。

 

良い親過ぎたんですね、依存してました。

 

自立はしてましたが、ちょくちょくアドバイスを聞いたり頼ってましたね。

 

そんな親とも自分は断腸の思いで断ち切りました。

 

メールに「今生の別れ」とタイトルを添えて。

 

それくらいしないと、自分は親に甘えると思ったんですね。

 

更には親も親戚関係も全て電話、メール全てブロック、遮断しました。

 

自分はそれくらい依存性が高い親だったんですよ。

 

いい意味でも悪い意味でも。

 

皆さんも、親は大事にしてほしいです。でも、自分のように依存しすぎないで自然に距離をとって離れていってほしいです。

 

自分はそれが出来ませんでしたから。バッサリ切るしか無かったんです。

 

お互い不器用でした。まあ、なんというか情けない子供だったんです。

 

自分語りになってしまいましたが、親と子はそういう関係もあるんですよ。

 

そういうケースもあると知っておいてください。

 

不器用な親と不器用な子供、っていうケースもあると。

 

皆さんは真っ当に親と付き合ってほしいです。それが今の願いです。

 

まとめ

 

前も書きましたが、広告関係は文中に挟まないようにします。

 

真上と真下とサイドバーのみにします。スポンサードリンクと書いてあるのが固定広告です。

 

見にくいブログよりも見やすいブログを目指します。

 

最近、信用回復ができたのかまた固定の読者様からスターを貰えるようになりました。

 

こういうのは実に嬉しいものですね。やりがいがでます。

 

コレからもよろしくお願い致します。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方お願い致します。