パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

モンスター井上尚弥選手 WBSS優勝

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は非常にめでたい話で「モンスター井上尚弥選手 WBSS優勝」について書いていきます。

 

今日もお付き合いお願い致します。

 

最高の一戦WBSS決勝

f:id:pasu0112:20191109130811j:plain

2019年11月7日さいたまスーパーアリーナWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)の決勝戦がありました。

 

モンスターと異名を持つハードパンチャーでありテクニカルなボクシングのWBAIBF世界王者・井上尚弥(26)。

 

相手はキャリア20年の5階級制覇のWBA世界スーパー王者、ノニト・ドネア(36・フィリピン)

 

二人は10歳差であり、皆が皆、1ラウンド又は数ラウンドで尚弥選手が勝って終わると信じて疑わなかった試合でしたが、やはりレジェンドと呼ばれるドネア選手。

 

モンスター相手にフルラウンド闘い抜きました。

 

井上尚弥選手も初めて本当に初めて試合で顔に傷がつきました。

 

まずは右目上のカットでの出血。そして鼻血。尚弥選手からしたら全てが初体験だったと思います。

 

尚弥選手陣営も相当警戒していたでしょうし対策をしていたでしょうが、ドネア選手必殺の左フックををまともにもらいカットしました。

 

 

左フックをもらってから12Rまで、ドネアが二重に見えていました」と、試合後の会見で告白した井上尚弥選手。

 

ですが11ラウンドで強烈な井上尚弥選手十八番のボディブローが炸裂しドネア選手ダウン。

 

個人的見解ですが、アレはどうみても10カウント以上あったのではないかと思います。

 少なくても12秒はあったきがします。

 

そしてダウンのポイント優勢もあり終始互角に闘いあった二人は12ラウンドが終わり抱き合い、判定で井上尚弥選手が勝ちました。

 

間違いなく、尚弥選手のキャリアで最強の相手だったでしょう。

 

ドネア選手も「井上は今までの対戦相手で一番強かった」と言っていました。

 

そして試合が終わるとボクサーの顔からコロッとパパの顔になり子供さんを抱きかかえて写真を撮っていました。

 

 

まとめ

 いや、自分もボクサーかじりですがあの試合だけは訳が分からなかったです。

 

オフェンスもディフェンスもフェイントも全てが異常のレベルの水準でした。現役ボクサーでもわからないシーンはあったと思います。

 

それでも、あの井上尚弥選手と戦い抜いたドネア選手に称賛を!

 

そして井上尚弥選手、バンタム級WBSS優勝本当におめでとう御座います!!!

 

貴方こそがバンタム級の真の最強の世界王者です!

 

弟さんの井上拓真選手も負けはしましたが本当に頑張ったと思います。お兄さんが偉大すぎるて辛いですね、本当に。

 

井上ご家族ゆっくりゆっくり休んでください。お疲れさまでした。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方よろしくお願い致します。