パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

格闘技はメンタルを鍛えるは、半分正しく半分誤り

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は「格闘技はメンタルを鍛えるは、半分正しく半分誤り」を書いていきます。

 

今回もよろしくお願い致します。

 

随分、自分の中も色々整理できたので格闘技特化ブログとしてまた頑張ります。

 

格闘技はメンタルを鍛えるは、半分正しく半分誤り

f:id:pasu0112:20191101181658j:plain

格闘技でいう所の鍛えるメンタル部分

ぶっちゃけ自分の経験談でいうと格闘技で鍛えられるメンタル要素は「自信」です。

 

強くなって自信がついて、どんな格闘技、武道でも一年もやれば不良みたいな所謂いじめっ子には怖くなりません。

 

それは経験談で言えます。むしろ自分から攻めて喧嘩を売りに行くくらいです。

 

それが格闘技で言う所のメンタルの鍛える所と自分は認識しています。

 

格闘技で鍛えられるメンタルの誤り

コレも経験談で申し訳ないのですが、社会的な陰湿なイジメには対抗できないのが格闘技では鍛えられないメンタルです。

 

好戦的な学校ならば発揮できるメンタルも、嫌味な陰湿な学校では全く発揮できないのが残念なところですが事実です。

 

それどころか乱暴者扱いされて、鍛えたメンタルの自信も崩れ落ちることもあります。

 

自分はそうでした。転校前は最強の番長みたいな位置づけだった自分も転校後のそういう学校では全く発揮できずメンタルが崩れ落ちました。

 

社会人になると本当のメンタルが発揮される

面白いもので子供の頃は駄目だったメンタルも、社会人になってからメンタルを格闘技で鍛えると実に有用に発揮されます。

 

先程書いた自信が社会では通用します。

 

学校という校則という縛りもないので、上手くやれば実に強い武器なるのが「社会人からの格闘技、武道です

 

自分は少なくともそう感じました。

 

だから言い辛いですけど、子供の時に鍛えたメンタルは子供時代には完全には発揮できません。社会人になってから完全に花開き発揮されます。

 

 

まとめ

総合的に言うと子供時代にやったことは無駄ではなのです。

 

ただ、そのときだけには完全には発揮できないということです。

 

因みに筋トレも自信に直結します。

 

格闘技は「強さ」がメンタルになり筋トレは「体格、筋肉」がメンタルとしての強みになります。

 

頑張ってやれる方はやりましょう!!!

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方宜しくお願いたします‼