パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

禁じ手 武術には使ってはいけない技がある その①

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は格闘技ブログで「禁じ手 武術には使ってはいけない技がある その①」を書いていきます。

 

実際、自分が知っている禁じ手を書くのですが真似は決してしないようにお願いいたします。過剰防衛になる可能性もありますので。

 

それではよろしくお願い致します。

 

 

 

武術には使ってはいけない技がある

f:id:pasu0112:20191122182921j:plain

禁じ手とは

一般的な禁じ手の技の概要は下記のようにあります。↓

 

 格闘技の禁じ手 格闘技はルールが多様化されているが、柔道、レスリング等の組技系の格闘技では、その乱取り形式の試合においてはすべての打撃技が禁じられている。

逆に打撃系格闘技では投げ、関節技、絞め技はほとんど禁止されている。 金的、目潰し(サミング)、かみつきは、すべての格闘技に共通する禁じ手である。裏を返せば、禁じ手にされている攻撃はそれだけ相手に与えるダメージも大きいともいえる。このため、故意に禁じ手を繰り出す選手もいる。 頭突き、肘打ち、倒れた相手を蹴る行為は、一部の競技では有効であるが、禁じ手にされているケースが多い。

Wikipedia 禁じ手参照)

 

 

コレは表の意味の一般的な禁じ手の意味だと自分は解釈しています。

 

禁じ手は別名「殺法(さっぽう)」と言われ、人を絶命するために作られた技です。

 

禁じ手 目突きの場合

f:id:pasu0112:20191122185335j:plain

普通、目突きといえば二本貫手の目潰しをイメージすると思いますが、実際は親指での一本貫手が一番防ぎ難く怖いのです。

 

指での二本貫手は手刀、頭突き、正拳で防げますが、それは指が脆いという点ですが、親指での貫手は実に骨が太いので折れにくく防ぎ難いのです。

 

コレは書いてしまいますが、一番恐ろしい目突きはムエタイで使う首相撲に持っていき、その時に親指だけを眼球に入れるという方法です。

 

首相撲に持っていかれると上手い人でない限り脱出が難しいので簡単に目突きが決まります。

 

もう一つは、総合格闘家が使うタックルですが琉球空手には対策があり下から潜るように入るタックルに対し顔面だけ抑えて倒される前に親指を頭を抱え込んで入れるという方法もあります。

 

しかし目突きは非常に高度な技であり、極まるのは難しいです。

 

そこで出てくるのが、裏拳の構えから指の先で擦るように目を傷つける方法です。これはノーリスクに近い技なのでシラット使いは使うそうです。古流空手も使います。

 

そして極め付きは目打ちという技ですが、貫手でないから余計にノーリスクで裏拳の握り拳の手のひらを開いて裏拳のやり方で顔面を叩くという方法です。

 

コレは素人でも簡単に極まります。相手は涙を出して数秒は視界を失います。

 

コレは実話ですが自分も喧嘩三昧のときに、技の実験で目突きを使ったことがあり、相手は血涙を流してしまい、警察沙汰になったことになりました。

 

自分の忘れたい反省すべき行為です。

 

禁じ手 金的の場合

f:id:pasu0112:20191122185511j:plain

金的は知っての通り男性にしか効かない技ですが、コレは女性が使ってほしい技です。

 

力で男に負けてしまう女性には金的が最も強力な武器になります。

 

ですが、実は金的というのは漫画のように簡単に決まる技ではないのです。

 

股の間をすり抜ける蹴りの技術が必要で、実はかなり高等技術なんです。

 

だから空手の稽古では必ず金的の練習をします。もちろん、素振りですが。

 

ですが、実は金的が最も有効なやり方は蹴りよりも、握り潰すことです。

 

例えばですが不良二人がメンチを切り合い超接近するシーンありますよね。

 

そこで、技を出すよりもすぐさま相手のズボンに手を突っ込み睾丸を握るだけで、相手の戦意は急激に落下します。

 

少し力を入れただけで、もう相手は降参の意思を出すでしょう。

 

男性にとってそれほど弱く脆いものなのです。

 

又は下段正拳で中段からのシフトで拳で金的を撃ち抜くとかもあります。

 

どちらにせよ、金的が極まれば、ボクシングのような10秒で立てる状態ではありません。

 

生殺与奪の権は我にありです。それくらい金的は目突き以上に絶対です。

 

 

まとめ

今回は禁じ手の①を書きました。次回も書くことがあると思います。

 

ただ、コレらは本当に戦争レベル、ようは自分の生命の危機、大切な人を脅威から守るレベルでしか使ってはいけない技だということを認識しておいてください。

 

 

今回はココまで。

 

読者登録とブックマークとコメントの方よろしくお願い致します。