パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

亀田興毅が語る井上尚弥について

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は「亀田興毅が語る井上尚弥について」について書いていきます。

 

最初の文だけは転載なのでご了承お願いいたします。

 

それではよろしくお願い致します。

 

 

 井上尚弥WBSSでスーパースターになった

f:id:pasu0112:20191124060548j:plain

亀田興毅が語る井上尚弥選手

 井上尚弥(26=大橋)について、元ボクシング世界3階級王者の亀田興毅(32)が語った。

 

亀田は現役時代、井上と同じ階級(ライトフライ級バンタム級)で戦っていた。

 

また、親の影響でボクシングを始めたなどの共通点もあります。

 

井上尚弥選手とドネア選手との試合を見て

 今回の試合について「これだけのビックマッチのリングに上がっただけでもすごい」と井上に対して尊敬の念を示した。

 

井上が出場したWBSSトーナメントは、現役世界王者と元世界王者だけが出場できるトーナメントだ。

 

井上は日本人として初出場を果たし、初戦、準決勝と圧倒的な強さで勝利。

 

決勝に駒を話進めた。 試合は2万2千人収容の埼玉スーパーアリーナで行われ、チケットは試合1ヶ月前に完売したほどだ。

 

日本ボクシング史上、稀に見るビッグマッチだったと言える。 ドネアとの激闘を制し、勝利した井上について「あの試合で完全にスーパースターになった」と話した。 井上のボクシングについて「想像以上に打たれ強い。タフネスを証明したから、これから先が楽しみ」と期待を寄せた。

 

井上は今回の試合で、KO率の高いドネアのパンチをもらっても倒れなかった。

 

そのタフネスぶりを賞賛した。

 

個人的に思うこと

上記の文章はYahooからの転載ですが、ココからは自分の考えです。

 

本当に興毅さんは変わったと思います。

 

興毅さんは自分的には将来のボクシングの重要な役割を果たすかもしれないと思います。

 

興毅さんの仰るとおり今回の試合で井上尚弥選手のタフネス振りも証明されました。

 

その上、ドネア選手必殺の左フックをまともにもらいながら眼底骨折しても戦うメンタルの強さ。

 

井上尚弥選手はその時、息子さんの顔が浮かんだとか。

 

背負うものがある人は強いですね。

 

だから今回のWBSS井上尚弥選手は破壊力、ディフェンスの上手さ、順応性、タフネス、折れないメンタルと沢山の証明をしました。

 

ドネア選手のインタビューで言う通り、この階級で戦うならば長い間君臨出来るだろうと思います。

 

 

まとめ

亀田興毅さんと同じボクシングの家族で生まれた井上尚弥選手の環境はボクサーにとって非常に強いと思います。

 

練習して相手の研究も支えも家族がしてくれる。コレほどまで強いものはないです。

 

興毅さんは言いました「あの試合で完全にスーパースターになった」と。

 

本当に色んな意味でそう思います。強さ的にも象徴的にも。

 

井上尚弥選手がどこまで行くのか、目標である国民栄誉賞を取れるのか楽しみです。

 

 

今回はココまで。

 

読者登録とブックマークとコメントの方よろしくお願い致します。