パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

シバター 格闘家として朝倉未来選手を称賛する

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は「シバター、格闘家として朝倉未来選手を称賛する」を書いていきます。

 

それでは宜しくお願いいたします。

 

 シバター 格闘家として朝倉未来選手を称賛する

f:id:pasu0112:20191129200940j:plain

格闘技、プロレスではとても素直なシバター

 

シバターの友人?のポリンキームービーというYouTuberのチャンネルでシバターと友人がコラボで話していた動画で、シバターの素直なコメントに驚きました。

 

YouTuberシバターとRIZINトップファイター朝倉未来選手の試合後の後日談での言葉。

 

試合のURLはこちら▶https://www.youtube.com/watch?v=VqSwWMbcPTw

 

シバターのコメント↓

 

あの左フックはまるで見えなかった。

 

20キロ以上も差もあるのに生涯で一番速くて一番重かった。

 

あのダウンはどうみても試合ストップ完全な負けだった。

 

格闘家なら分かるけど同じ練習をしても絶対に勝てない相手はいる、感じる。

 

朝倉未来さんは別格だった。

 

自分はこの試合で格闘家として株が落ちたけども、何を言われてもそれがプロフェッショナルだと思う。

 

この上記のコメントで、自分も格闘家の端くれなのでよく分かります。シバターもちゃんとした格闘家なんだなと思いました。

 

特に同じ練習をしても絶対に勝てない相手はいる、には特に賛同します。自分もかなり武の才能は持っている方らしいですが、どうしても絶対に超えられない人は自分の格闘技人生ではありました。

 

圧倒的な才能差は本当にあります。

 

特に左フックが見えなかった、に関しては分かります。

 

自分も明らかに見えない角度からの上段回し蹴りを使う人間を知っているので。

 

今の自分でも勝てないと思います。

 

シバターは本当に格闘家としては実直に素直だなと思いました。動画ではあんなにふざけているのに、試合では格闘家としては本気だったんだなと思いました。

 

ただ、逆に言えばシバターは朝倉未来選手に本気で勝てるつもりだったのか?と言うと少し慢心な気もしますが。それくらい人生をかけた大勝負だったのでしょう。

 

正直、自分としてはあの朝倉未来選手を首相撲から飛びつき腕十字まで持っていっただけでも称賛でした、実は。

 

総合格闘家首相撲が命ですから、一瞬とは言え朝倉未来選手に首相撲で勝ったのですから大金星でしょうね。

 

まとめ

 

 

シバターのだらしない身体を見て、本当に鍛えていたのか疑問でしたが、中身は厚みを入れていたんでしょうね。

 

シバターを格闘家としてかなり自分は見直しました。本当は素直な人間なのかもしれませんね、シバターって。

 

しかし、やはりあのフック見えていなかったんですね、自分も動画であの角度は視界外から来るパンチだなあとは思ってましたが本当に見えていなかったんですね。

 

朝倉未来選手は強いです。本物でした。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方よろしくお願い致します。