パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

RIZIN20 那須川天心VS江幡塁

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は「2019年大晦日RIZINキックボクシング特別ルール『那須川天心選手VS江幡塁選手』の試合」を書いていこうと思います。

 

今回も宜しくお願い致します。

 

那須川天心VS江幡塁

f:id:pasu0112:20200101131600j:plain

江幡塁選手とは誰なのか?

実は自分はボクシングと空手以外の選手に疎くて、キックボクシングの江幡塁選手を知りませんでした。

 

ただとても強いとは聞いていました。

 

調べてみたら45戦39勝3敗引き分け3という日本最強のキックボクサーでした。

 

戦績も申し分なし。負けたのもムエタイ選手などの最強集団の選手たち。

 

ある意味、武尊選手を除いて現状最強のキックボクサーでしょう

 

予想通り 圧倒的強さ 那須川天心

結果はまあ江幡塁選手を知らなかった自分でも分かってしまうくらい那須川選手の圧勝でした。

 

1ラウンドKO。その上、空手でもめちゃくちゃ難しいアクセルキックを繰り出しました。

 

いわゆる旋風脚という技で威力はほぼない曲芸なのですがアレで倒す気だったそうです。レベルの差を示すために。

 

日本最強のキックボクサーに曲芸を出させるほど圧倒的の勝負でした。

 

蹴りももう那須川選手のバックボーンの極真空手の蹴りではないですね。

 

アレはもうムエタイの蹴りです。最速、最短の蹴りです。

 

強すぎてもう別次元の位置にいますね、那須川天心選手は。

 

それと那須川天心選手は「武尊選手とはもう興味がない。もう交わらないだろう」と言っていたそうです。

 

確かに、その発言とは関係なく、もう武尊選手には手に負えないでしょうね今の那須川選手には。

 

ボクシング技術も明らかに飛躍的に向上している。普通に見た感じボクシング技術でも世界ランカーレベルはある気がします。

 

 

まとめ

まずは大本命の選手の試合を書きました。

 

それとコレは自分のブログの補足なのですが、前回前々回くらいにブログを見やすくすると書きましたが、実はこれ以上手を加えるところがないみたいです。

 

一応、サイドバーに注目記事だけはつけました。もう付け加える部分はないみたいです。

 

それにしても那須川天心選手、強かった。いや、強すぎた。

 

井上尚弥選手がボクシングで日本は狭すぎるなら、那須川選手はキックボクシングでは日本は狭すぎる。

 

しかし、日本発祥の格闘技がキックボクシングなんです。

 

だから、那須川選手はこれ以上前へ進めないんです。

 

唯一、那須川選手を追い込めるのはやはりムエタイ選手のロッタンしかいないでしょう。

 

もう、彼と渡り合えるのはロッタン一択だと自分は思います。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方の方宜しくお願い致します!