パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

格闘技の蹴りの利点

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は「格闘技の蹴りの利点」を書いていこうと思います。

 

それでは宜しくお願い致します。

 

格闘技の蹴りの利点

f:id:pasu0112:20191122185511j:plain

下段(ローキック)の場合

自分のいたフルコンタクト空手極真空手でも下段蹴りは特に大事にされていました。

 

まず、利点1つ目は、相手の機動力を奪うこと

 

これは当たり前ですが大きい利点です。速い選手とやる場合はまず機動力から潰さないといけません。ので、下段は大事な技です。

 

利点2つ目は相手の蹴り技を防ぐことです。要は相手の軸足やらを破壊して片足立ちにさせないためでもあります。

 

利点3つ目はKOです。下段だけでKOできるのは非常に難しいですが、下段でダウンを取れたら相手はもう立てません。

 

下段でのダウンはそういうものです。

 

中段(ミドルキック)の場合

中段は相手の腕を潰すのに使えます。ムエタイでも相手がパンチャーだったらミドルで相手の腕を破壊しに行きます。

 

で、手わざの威力を殺します。あんまりこの使い方をする選手は知らないのですが、ムエタイだと結構頻度は高いようです。極真空手では中段をする選手自体あまりみないですね。

 

 

上段(ハイキック)の場合

上段はもう頭一択KOのみでしょう。

 

ハイキックは極真のような素手で殴り合うが顔面はダメの場合の格闘技でも蹴りはありなのです。

 

ので、上段は安全かつ脳を揺らすだけのKO用の蹴りです。

 

まとめ

少し久しぶりに格闘技の技の話を書いてみました。

 

結構、当たり前に見えて知らないこともあると思います。

 

まあ、実質蹴りは相手を削るように使うのが一般的ですかね。自分みたいに体の柔らかい人間はじゃんじゃんハイキック出しますが、体が硬い人はそうはいかないですからね。

 

身体の硬い人は下段で相手の足を潰しましょう!で、パンチでKOです!

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方宜しくお願い致します!