パスはゆっくり前へ歩いている

パスはゆっくり前へ歩いている

様々な知識をコンテンツに提供できるように書いていきます

MENU

井上尚弥VSリコンドー実現可能か?

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク

押忍!パスです。

 

今回は「井上尚弥VSリコンドー実現可能か?」を書いていきます。

 

それでは宜しくお願い致します。

 

井上尚弥VSリコンドー実現可能か?

f:id:pasu0112:20200110141746j:plain

 次戦「2.8」開催浮上のリゴンドー「彼にまつわる重大な問題の一つが…」  

 

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の対戦候補に海外メディアで取り沙汰されている元五輪連覇王者のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)。

 

昨年12月に中止となっていたリボリオ・ソリス(ベネズエラ)とのWBA世界バンタム級正規王者決定戦が2月8日に開催と報じられる一方で、米地元紙はプロとしてバンタム級で初舞台を迎える39歳の猛者が抱える「重大な問題」を指摘している。

 

「リゴンドーにまつわる重大な問題の一つがキャリアで過去3年の活動履歴の乏しさだ。このファイトまで、2013年に2試合、2014年に2試合、2015年は1試合、2016年は1試合、2017年には2試合だった」と報じている。

 

昨年は2戦2勝だったリゴンドーだが、2018年に試合はなし。過去5年で6試合と試合数は少ない。

 

 

強すぎるゆえの試合の少なさ

強すぎるゆえかリコンドーは試合数の絶対量が足りない。

 

それでも試合を楽しまさせると言う発言は相当自信があるのだろう。

 

自分はどうしても今の井上尚弥選手が負けるとは思えないので、井上尚弥選手のKO又はTKOだと思います。

 

ドネアより上の選手はバンタム級ではなかなかいないと思います。

 

井上尚弥選手がどこまで行くか楽しみです。

 

今回はココまで!

 

読者登録とブックマークとコメントの方宜しくお願い致します!